スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

LogLog vol.168?偉々?

蛙の子は蛙。

手塚の子は手塚。



JINが視聴率稼いでるみたいで。
原作も結構すきなんだけど、
いかんせん二番煎じな気がしてしまうのよ


『陽だまりの樹』


手塚治虫の後期作品
アドルフのテイストもあり、ゆるい感じもあり、とんでもなく面白い

時代設定、JINと全く同じ。
江戸時代の幕末、漢方医と蘭方医がいた時代。


ノンフィクションっぽいようなフィクションぽいような。

主人公、石高高くない侍と町医者(蘭方医)

この町医者のオヤジさんが苦心して苦心して
一生をかけて作り出した病院、


後の東大医学部。



このオヤジさん、
名を手塚良庵



手塚、治虫の、祖先!!!!!



すごいよねー
自分の祖先が東大医学部創始者だなんて


手塚の子は手塚。

スポンサーサイト
17:16 | LogLog | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
LogLog vol.169?瞬間? | top | LogLog vol.167?休息?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hail2you.blog120.fc2.com/tb.php/207-6c547f49
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。